炎症(細菌)

細菌と歯周病

歯周病の原因は細菌性プラークです。

プラーク(歯垢)とは、歯に付着している白、または黄白色の粘着性の沈着物で、非常に多くの細菌とその産生物から構成されています。
またプラークはバイオフィルムとも呼ばれていて強固に歯に付着しているだけでなく、薬品では除去しにくい構造になっています。
このプラーク1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。 その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。
お口の中にはおよそ700~1000種類の細菌が住んでいます。
これらは口腔内常在菌として普段あまり悪いことをしませんが、どこかに清掃が不十分な場所があり、その状態が長く続くと歯周病の原因菌である悪玉菌が増殖していきます。
そして、細菌自体が歯肉に侵入し、毒素を産生することで炎症を引き起こします。

歯周病予防には、プラークコントロールがとても重要なのです。

プラークコントロール

プラークコントロールは、日々の歯磨きなどご自分でできるものと歯科医院で行うものと、2つあります。

ご自分でできるもの(セルフケア)

良い歯磨きの習慣は、プラークコントロールにおいてとても大切です。ご自分にあった清掃道具や方法により毎日ケアすることで、歯周病も予防できます。
当医院では、お一人お一人に合った道具の選択、セルフケアの方法、お食事やサプリメントの摂り方をプログラムとして、ご指導させていただいています。

歯科医院で行うケア(プロケア)

日々のセルフケアだけでは隅々までのプラークコントロールは難しい為、定期的にプロのケアを受けることが健康維持の秘訣です。
当医院では、治療中やメインテナンス時に「歯科用超音波」を使い歯科衛生士による「超音波デブライドメント」を行います。道具が届きにくい場所や、歯周ポケットの中など炎症の原因となるプラークや、その毒素などを取り除き洗浄していきます。
むし歯や歯周病は「感染症」ですから、人から人へと移ります。また、口腔内が不潔であると全身疾患や誤嚥性肺炎へのリスクも高くなります。ご自身の口腔内を清潔に保つことで、ご家族や大切なパートナーへの感染もくいとめることができます。

予防・メインテナンス

アクセス

ACCESS

東京都港区赤坂1-5-14橋本ビル3F
【地下鉄】 銀座線・南北線「溜池山王駅」
千代田線「国会議事堂前駅」下車 9番出口より徒歩2分

TEL : 03-3585-8066
お電話受付時間:10:00~18:00
休診日 : 日・祝・隔週金・土

Google Map